ニキビと吹き出物の違いとは?

ニキビと吹き出物について

 ニキビと吹き出物は実は俗称で、共に皮膚疾患としては同じような物というようになっています。ただ年齢的に10代ぐらいで若い人に出来る場合にはニキビというように言って、大人になってできる場合は吹き出物というようにいうというぐらいの違いという事です。

 

ただ、出来る年代が違うという事は治り方は違ってくるわけで、若い時は治りやすく、跡が残りにくいという事がありますが、大人になってから出来ると治りにくく跡も残りやすいという事があるので注意が必要です。

 

若い時にはホルモンバランスが崩れるというか活発にホルモンが活動することがあるので、この時にはニキビが出来やすいという事があるので、これがニキビと吹き出物の大きな違いという事になるのかもしれません。

 

このホルモンバランスの異常は大人になってからは無くなっていきますから、発生源が違うという意味では大きな違いという事は言えるかもしれません。ホルモンバランスの活性化が原因ですからどんだけケアをしていても若者にニキビが出来てしまうのはこうした体の内面からの理由があるからということになります。

 

勿論、皮膚に異物や汚れなどが付着して出来るというケースもありますから、若い時はニキビができやすい状況にあるという事は間違いないでしょう。

 

洗顔などのケアを十分にしているつもりでもどうしても出来てしまうというのはこうした理由からという事になります。大人でもしっかりとケアしているつもりでも出来てしまう事があるぐらいです。

 

 大人ニキビ化粧水ランキングはこちら

トップへ戻る