大人にきびはこれが原因だ!

大人ニキビというのは、30代・40代になってからできるニキビのことです。明確な定義があるわけではなく、30歳を過ぎたあたりにできたニキビのことをこう呼びます。ニキビといえば10代・20代の若者が持つ悩みであり、30代以降の大人はニキビで悩む機会が少ないです。ところが、油断をしていると40代になってから急に肌が荒れだすので注意が必要になります。

 

10代・20代の若者の場合には成長期の活発な皮脂の分泌などが原因と言われていますが、大人になってからはホルモンバランスの乱れ、肌の老化などが原因でおきやすいです。若者の場合は基本的にすぐに治るので、あまり気にする必要はありません。睡眠をしっかりととったり、食生活のリズムに気をつけることで回復が早まります。ところが、40代になってからできる大人ニキビは治りにくいという特徴もあります。

 

対策としては保湿成分を補うということがまずあげられます。「セラミド」「ヒアルロン酸」などを化粧水からしっかりと補給しましょう。ビタミンCを肌に直接塗ることで治療が早まることもあります。コエンザイムQ10は細胞を活性化させる効果があり、化粧品やサプリメントに配合されています。女性だけでなく、40代男性も注意をしておかなくてはなりません。男性も40代になると肌の新陳代謝が衰えだすからです。もしもご主人が肌荒れで悩んでいるなら、化粧水や乳液で肌を保湿することを勧めてみてはいかがでしょうか。

 

毛穴の詰まりがもっとも多い

大人ニキビになる原因としては毛穴の詰まりが考えらます。毛穴の詰まりが起きてしまうと汚れが溜まってしまい、皮脂の分泌を行うことも難しくなり、肌の内部に溜まっていく為大人ニキビの原因になります。毛穴の詰まりを解消させる為には日頃から洗顔をする様に心がけて、化粧をした時にも毛穴の詰まりが起きないようにクレンジングを利用して洗い流すことが大切です。化粧品のファンデーションなどは毛穴の詰まりの原因となることが多く、クレンジングできちんと落とすことが出来ないと大人ニキビになってしまいます。

 

毛穴の詰まりが起きると肌の内部に溜まるため、表面上で直ぐに問題が見えるわけではなく肌の内部で少しずつ少しずつ大人ニキビが育つことになるので注意が必要です。毛穴の詰まりを解消することが出来れば、皮脂はきちんと分泌する事が出来るので、大人ニキビになることはありませんが、詰まっている場合には皮脂を外に出すことが出来ません。

 

そのため、どんどん肌の内部で大人ニキビが育っています。更に放置をすると鏡を見ても分かるくらいになり、大人ニキビの存在に気づくことになるので注意が必要です。少しでも詰まっている部分を解消させることが出来れば、少しずつ改善していくことが出来ます。保湿とスキンケアを心がけて詰まっている部分を外にだすことが出来れば、自然と目立たなくなり、肌のターンオーバーと合わせる事で元通りの綺麗な肌を取り戻す事も可能です。

 

ビタミン不足

大人ニキビが出来る原因として考えられるのがビタミン不足です。ビタミンは大人ニキビに防ぐためにも必要なものになるので、毎日とり続けることが大切です。ビタミンは種類が多いので、偏って摂取すると直ぐにビタミン不足に陥ってしまう事になり、大人ニキビが出来ることになります。ビタミンをきちんと摂取することで、大人ニキビにならない肌作りをする事が可能です。その為にもビタミン不足に陥らない様にする心がけが必要になります。外食の多い方であれば、ビタミンを効果的にとる事が難しく、新鮮な野菜などからもビタミンを摂取する事ができません。出来るだけ自炊を行うことにより、ビタミン不足に陥らない生活をすることが出来るようになります。仕事などが忙しくて自炊が出来ない方はビタミン不足にならない為にもサプリメントなどを併用すると安心です。サプリメントは大手のメーカーから出ているものも多く、大人ニキビの対策としても利用することが出来ます。手軽に飲むことが出来るので、食事では補うことが出来ないビタミンも補うことが出来るようになります。大人ニキビに効果的な配合がされているサプリメントなどもあり、ドラッグストアなどでも簡単に手に入れることが可能です。サプリメントを上手く活用することが出来れば、自炊をする時間をとれない方でも大人ニキビに悩まされる心配もなくなります。更にビタミン不足による体調不良なども起こらなくなるので安心です。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

ニキビは思春期に差し掛かっている学生などの若年層が見舞われる肌トラブルとして認知されていますが、成人を過ぎてからも発症する肌トラブルであり大人ニキビと呼ばれています。
思春期の頃に発症するニキビの場合は身体が発達状態になっている事により皮脂量が過剰分泌されてしまい、毛穴に皮脂が詰まり炎症が生じるという仕組みです。
しかし、大人ニキビの場合は既に年齢の高まりによって皮脂の分泌量が減少傾向にあるため、毛穴に皮脂が詰まってしまう事は起こりにくいです。

 

ただし、成人を過ぎると社会生活におけるストレスや食生活の乱れ、生活習慣の乱れなどに伴い体内のホルモンバランスに乱れが生じてしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れは身体の各機能の生成に直結するため、少なくなっている皮脂量がより一層少なくなり乾燥肌に見舞われて大人ニキビに繋がる事もあります。
他にも女性の場合では月に一度の頻度で繰り返される生理現象に伴い体内にて男性ホルモンの割合が急増しますし、年齢が高くなっていく度に体内で大部分を占めていた女性ホルモンが少なくなり男性ホルモンが優位になり続けます。

 

そのような男性ホルモンと女性ホルモンの割合が変化していくと、女性ホルモンのエストロゲンなどが減少し大人ニキビが発症しやすくなります。
そのため、大人ニキビに見舞われてしまった時にはスキンケアの方法よりも内面のケアを徹底させなければ根本的な治癒には結び付けられないので、ストレスを溜めない生活やエストロゲンが増やせる食生活に切り替えましょう。

 

ストレスをためない

 ストレスも大人ニキビが出来る原因としてあげられます。社会生活をしていると睡眠不足になったり、仕事で忙しくて気が休まることがなったりとストレスが多く溜まることになります。
その様にストレスを溜め込み続けてしまうと肌トラブルが起きるようになり、大人ニキビの現任になるため注意が必要です。大人ニキビになってしまうと中々治す事が難しくなります。大人ニキビにならない様にするためにもストレスを溜めずに生活をすることが大切です。ストレスに感じることを我慢し続けると体にもよくありませんので、休みの日を利用してストレスを発散させることが出来れば、大人ニキビに悩まされることもなくなります。

 

他にも睡眠不足は体にも大きく負担がかかりますし、ストレスの大きな原因にもなるので注意が必要です。大人ニキビにならない為にも規則正しい生活をして睡眠不足にならない様な生活を心がけることが大切になります。普段から睡眠不足が続いている場合には大人ニキビが出来るだけではなく集中力も落ちてしまうので、ケアレスミスも多くなるので注意が必要です。休日などを利用して寝不足を解消してみたり、会社での残業を出来るだけ少なくしたりして寝不足を解消させることにより予防に繋げることが出来ます。顔に出来てしまうと気になってしまいますし、触ると痛みを感じたり、鏡を見る時にも嫌な気持ちになることがあります。スキンケアをすることで、解消させることもできますが、根本的な解決を目指すことが大切です。